アジアの障害者支援 −障害者の経済的、社会的な自立を目指して−


TOP > ブログ

ADDPの活動の様子をご紹介します

ADDP事業報告会「ラオス障害者スポーツの課題と今後の発展について」

2016/10/03 17:04:51

ADDP障害者スポーツシンポジウムのご案内 10月16日(日曜日)

〜ラオスの現場から〜ADDP第1回報告会
「途上国における障害者スポーツの現状と課題
を考えるシンポジウム」(参加無料)

特定非営利活動法人 アジアの障害者活動を支援する会(ADDP)は2016年より東南アジアのラオスにおいてJICA草の根パートナー事業「ラオス障害者スポーツ普及啓発プロジェクト」を開始いたしました。
国際協力の観点から開発途上国で障害者スポーツを発展させるためには、様々な問題や課題があります。他方、開発途上国ならではの人々の柔軟さやシステムを作る上でもゼロからの出発というインクルーシブなスポーツの可能性が広がる強みもあります。2020年に東京で障害者スポーツの祭典が開催されます。今後障害者スポーツの存在や国際協力支援の必要性が大きく高まっていく中で、ラオスという国で取り組まれている障害者スポーツ普及事業を通じて、今、国際協力の中での障害者スポーツの意義、目的そして発展の方法を今一度皆さんと確認し、情報を分かち合い、アイデアを分かち合う機会として本シンポジウムを計画いたしました。今後の課題や期待を皆様で共に考えるシンポジウムです。「障害者スポーツ」や「国際協力」に少し興味がある方から、専門家の方々まで多くの皆様のご参加お待ちしております!
“今、ラオスは障害者スポーツが熱い!”
平成28年10月16日(日曜日)13:00(登録開始)13:30−16:30 
場所:東京都新宿区新宿1−5−4YKBマイクガーデン 会議室2階 
プログラム 13:00受付開始 13:30プログラム開始 16:30終了
PART1:ラオスの現場からー障害者スポーツ支援活動(ADDP)ラオス教育スポーツ省担当者参加

PART2: シンポジウム 「途上国の障害者スポーツ振興の課題と今後」
質疑応答の後終了

Date 2016/10/03