アジアの障害者支援 −障害者の経済的、社会的な自立を目指して−



TOP > 活動理念
 

ADDPの理念

ラオスの障害者の状況

ラオスは東南アジアに位置する人口650万人の北に中国、西にミャンマー、東にベトナム、南にカンボジアとタイに国境を接する小さな内陸国です。多くの途上国同様、この国でも多くの障害者が家族の庇護の下で暮らしています。

障害者の多くは農村地帯の貧困家庭出身であり、教育へのアクセスも地方ではバリアフリーが整っていないために、多くの障害者が教育を受けることをあきらめなくてはならない状況です。職業訓練施設も少なく、就労・起業の機会も閉ざされてしまっています。教育を受けられないことでなおさら収入を得ることは難しく、そのため障害者就労達成率はラオス全体でも2パーセントにも満たないと言われています。(ラオス障害者協会調査)。自立したくても、機会に恵まれず、働く意欲を失くし、挫折する若い障害者が後を絶ちません。また、障害者の社会参加を促すレクリエーションやスポーツに触れる機会も地方には少なく、地方在住の障害者の就労意欲の増進に繋がらないという悪循環が起こっています。
 

私たちの任務

私たち「アジアの障害者活動を支援する会」は機会に恵まれず尊厳が失われつつある障害を持つ人々への支援を行っています。当会の支援の両輪は「障害者スポーツの振興」と「就労に関わる支援」。スポーツにより障害者の社会参加を促し、自立意欲の高まった障害者に対して、職業訓練支援を提供します。当事者の力を信じ、互いにエンパワメントし力強い存在になれるようラオスの障害者の社会自立を様々な形で後押ししています。
 

協働できる事業

既存のプログラムにこだわらず、当会の独自のアイデアとアプローチで、今までにない障害者支援を開発しています。当会のサポーターや会員、障害当事者と共に知恵を絞り、社会参加を促すために有効な障害者スポーツを活用したプログラムや、就労・起業機会を促進する職業訓練等の提供を行っています。

大事なのは「実践する場」

職業訓練という名の国際協力はいたるところで提供されています。ラオスでも障害者に向けた職業訓練学校というものが首都ビエンチャンに存在します。しかしなぜ、障害者の就労率が低いままなのでしょうか?それは「生きたビジネスを学ぶ場」がないからだと当会は考えます。

通常の職業訓練を経て技能を習得したとしても、その技能を「実践する場」がなければビジネスの能力は養われません。そのため当会が大事としている職業訓練とは「ビジネスの場を提供する」、すなわち「OJT」「仮想就労の場」の提供であると考えます。障害を持つ研修生は実際の顧客とふれあい、顧客から学び、ビジネスを動かしていくことを肌で感じることができるのです。ADDPの職業訓練は「仮想就労の場」を提供しながら、障害を持つ研修生が起業をしやすくするために独自のビジネス訓練を行っています。
 

障害者の就労、スポーツのロールモデルを作る 

当会は10年以上障害者スポーツをラオスで振興してきました。その中で、障害者アスリートの就労意欲は、スポーツに関わっていない障害者と比べてはるかに高いことが分かりました。障害者アスリートの場合、ラオスではほとんど就労を達成しています。「働く意欲」と「障害者スポーツ」は大いに影響し合っています。そのため、彼等がラオスの障害者の「就労ロールモデル」としてラオスの地方都市を訪問し、経験を自ら語ってもらいます。更に地方の障害者をエンパワメントするためのセミナーやワークショップを開催しています。