団体概要

アジアの国々では障がい者が社会参加する上で、教育や就労の不平等、移動など未だ様々な場面で大きなバリアが存在しており、障がい者が多くの困難に直面しています。

「その困難から立ち上がろうと努力し、活動を始めたアジアの障がい当事者や当事者団体の支援」および「障がい者のリーダーシップセミナーなどエンパワメントに関わるプログラム」を実施しながら、きめ細やかで多面的な支援を行うべく国際NGOを設立しました。

団体名称 特定非営利活動法人NPO アジアの障害者活動を支援する会(ADDP)
本部所在地 〒173-0004 東京都板橋区板橋3-57-5 美咲ビル1F
TEL / FAX 03-6915-5545 / 03-6915-5545
アドレス info@addp.jpまたはbarichan2007@yahoo.co.jp
設立年月日 1992年10月1日
活動内容 (1)海外
・障害者スポーツ振興支援(ラオス)
・障害者リーダー育成セミナー実施
(ラオス、タイ、カンボジア、ベトナム、フィジー、ネパール、バングラディッシュ)
・障害者就労支援事業(ラオス)
・視覚障害者点字教材振興事業(ラオス)
・ろう教育支援
・インクルーシブ教育支援
など

(2)国内
・ラオスからの研修員受け入れ事業 
・ラオスの障害者が手作りするクラフトやクッキーの販売、啓発事業

役員 代表者:前島 富子 / 事務局責任者:中村 由希
スタッフ 合計 10名
(東京本部:3名、現地駐在員・現地スタッフなど:7名)
事務所 ・東京オフィス(本部)
・ラオス・ビエンチャン首都オフィス
・ラオス・フアパン県オフィス
会員 120名(一般会員:112名、法人会員:8法人)
協力団体 ・ラオス障害者協会(LDPA)
・ラオス女性開発センター(LWDP)
・CMRラオス国立リハビリテーションセンター
・シクード職業訓練学校
・ラオス・パラリンピック委員会
・ラオス教育スポーツ省
・ラオス労働社会福祉省

トップページ

ADDPについて

プロジェクト